2011/02/09 寸劇

―――――――――
2011/2/09(水)
#04:ばれんたいん
―――――――――

【カノン】
「ふんふんふーん♪」

【カノン】
「ふーんふんふん♪」

【カノン】
「ふふふーん♪」

【カノン】
「ふははーん♪」

【カノン】
「ひゃっほーう♪」

【カノン】
「はっ!
チョコレート作ってたら、また踊ってた!」

【魔王】
「・・・
あ・・・ありのまま、今起こった事を話すぜ。
なにか食い物ないかなーと、キッチンに来たら、
そこには包丁片手に、笑顔で踊るカノンが居たんだ。
な・・・何を言っているのか、わからねーと思うが・・・」

【カノン】
「うわぁ!
魔王様いつからそこに!?」

【魔王】
「ぎゃあ!
ほ・・・包丁がとんっ・・・飛んで・・・っ!」

【カノン】
「はわわ!
すっ、すみません!
すっぽぬけました!」

【魔王】
「はぁ、はぁ・・・
気をつけろよ全く・・・
いくら魔王でも刺さると痛いんだからな。」

【カノン】
「す、すみません~」

【魔王】
「で?
カノンは、なんでそんなとこで踊ってたんだ?
ストレスか?」

【カノン】
「ストレスじゃありませんよ!
料理してたらつい踊っちゃっただけなんです!
それより魔王様いつからそこに!?
邪魔しないで下さいよ!」

【魔王】
「いつからって・・・
お前がチョコがなんとか・・・」

【カノン】
「ちっ違いますー!
チョコっとお塩が足りないかなって言ったんですー!」

【カノン】
「もおー、いいから出てってください!」

【魔王】
「・・・」

【魔王】
「皆はお気づきだろうが、ニンゲンの世界で言う、
バレンタイン・・・のような風習が魔界にもあるのだ。
というわけで、本日からバレンタインイベントっぽいのを
開催する事にした。
期間限定だが、その他の家具に、
チョコケーキヘルズというものを用意してみた。
使役しているモンスターのために、買ってやるもよし。
日ごろ世話になっている転生悪魔に送るもよし。
部屋に置いて、もらった数を競うも良しだ!」

【魔王】
「それにしても、カノンに言われるまま、追い出されたが・・・
匂いでバレバレだっつーの。」

ざくっ!

【魔王】
「ごああ!
包丁!?
あれ違う!?
これ包丁じゃないおたま!?おたまって普通ざくっとかって刺さらないよ?ねえ、どうなってるの!?ねえ!
ちょっとーーーー!」


  • 最終更新:2011-02-10 06:09:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード